公立入試の数学

公立入試の数学

公立前期選抜が終了し、これからいよいよ後期選抜。

先日、私が担当している生徒さんが、「公立の数学、応用問題難しい〜。どうしよう〜。」と相談に来ました。本人は、いろいろな応用問題を解かないといけないというプレッシャーを感じていました。このように感じている生徒さんは多いと思います。だからといって応用問題に気を取られてしまうと足元をすくわれることがあります。

そもそも公立入試の約半分が基本問題です。いかに基本問題をしっかり得点するかが重要です。第1問と第2問で配点が6割あるので、計算問題練習を徹底して、各単元の基本事項を身につけることです。そのうえで合格点から逆算して、関数に集中する、図形の証明問題に集中する、などの対策を進めることをお勧めします。

 

 

 

お問い合わせ

お名前 (必須)
電話番号
メールアドレス

※確認のためもう一度入力してください

学年
ご要望(任意)

上記の内容を確認して確認・送信ボタンを押してください。